クレカの加入店は

お店でいずれものクレカが使えるのではありません。

◆クレカの加入店は、ときには5を超えるカードの会社に加盟していますが、残念なことにみなの加盟店舗でどれものブランドの契約カードが使えるわけじゃありません。

一例をあげれば古いタイプのショップの場合だとJCBロゴの付いたそのカードしか切れない場合もあるし今日日のお店ではVISAとマスターカードといった印の入ったクレジットカードだけしか決済不可な場面もあります。

ダイナースクラブカードなんかのカードの場合増して決済不可な商店が増えるでしょう。

どの所有カードが切れるかをどんな方法で見分けるといいか「それならいかにしてどのブランドのクレジットカードが使えるかを見分けたらいいの?」という質問だけど正確に知るにはショップの人に尋ねてみる以外ないていうのが実のところ正しい回答です。

ただし大多数の店舗やショッピングセンターには加入店のエントランスのところとかに切れるクレカの案内が入っている加盟ステッカーがあることから「そっか、このレストランではアメリカンエキスプレスカードが使用できるんだ」という感じに一目でわかるようにされてるから頭に入れておいていただけると思います。

しかし、細かく加入管理が行き届いていない加入店で用いる際にはマークが貼り付けられているショップでも「今はそのカードは使えません」といった返答をされるケースもあるわけで、途方に暮れてしまう状況に出くわしかねません。

やはりできる限り全部の店舗でカードが決済できるようにしたいならば異種の印(インターナショナルな印)がある一般的なビザカードマスターカードダイナーズといったクレジットカードを2、3枚財布に入れておくようにして欲しいと思います(例として:UCカードを携帯しているなら次はアメリカンエキスプレスカードブランドのクレジットカードを携帯するようにするほか)。

特に海外に出ないなら、VISA、MasterCard、JCBの入っているクレカを日ごろから使えるようにしておけばおおよそ全国の加入店舗で3枚のうち少なくとも1枚のカードを使うよう準備できていることになります。

クレカを使って効率よくポイント取得を続けるつもりならばきっちりと別々のクレジットカードを作っておいていただきたいと思います。

Link

Copyright © 1996 www.gordonsondelaware.com All Rights Reserved.